長岡京

長岡京 長岡宮(ながおかきゅう) 宝幢(ほうどう) 大極殿祭り
 長岡京は、今から1200年前の日本の首都であった。延暦3年(784)から延暦13年(794)までの10年間であったが日本の中心がこの町にあった。
 長岡京の規模は、東西4.3km・南北5.3kmを測り、現在の向日市・長岡京市・大山崎町・京都市の一部にあたる。
 長岡宮の内部は、いくつかの区画に分けられる。政治・儀式の場である大極殿や朝堂院・天皇の住まいである内裏・役所の日常的業務を行う曹司・宴会を行う庭園などである。
 大極殿は天皇が政治を行うところ、宝幢(ほうどう)は元旦の儀式の時に立てる旗、閤門(ごうもん)は大極殿の正面入口にあたる。
 国家の制度が整えられた奈良時代以来、大極殿及び朝堂院では元旦の「朝賀の儀式」が盛大のとり行われた。この時、大極殿の前に7本の宝幢が建てられている。宝幢とは、古代中国伝来の儀式用旗飾りで、長さ約9mの大柱の上に、青龍・朱雀・白虎・玄武の四神の絵がはためき、鳥・日・月飾り物が華やかに揺れていた。
 宝幢は大極殿の中軸線上を中心に左右に計7本建てられていた。
宝幢は天皇の権威を象徴し、即位式と元旦にのみ建てられる特別な装飾具である。
 長岡京遷都を記念して毎年11月11日に行われる大極殿祭

長岡宮の大極殿・朝堂院

 2005年(平成17)に行われた3度の朝堂院南方の発掘調査で、南門の両側には回

廊が続き、やがて築地塀となることがわかった。また回廊は南へと折れ曲がって

延び、その先から楼閣建物跡が発見された。平安宮では「翔鸞楼(しょうちんろう)」

と呼ばれた建物が長岡宮にすでに設けられていたことが初めて確認された。それまで、

長岡宮の大極殿,朝堂院の建物は、故小林清氏の瓦の研究や発掘調査での遺構確認
によって、後期難波宮から移築されたことが確かめられており、

朝堂院は他の都に多い十二堂ではなく八堂形式で、建物の姿も単層の簡素な復元

が考えられてきた。

「翔鸞楼」のような楼閣をともなう門は、中国では闕(けつ)と呼ばれ、皇帝の

権威と人民への恩徳を示す象徴と考えられている。そこで、長岡京遷都を断行し

た桓武天皇が、自らの皇統の正統性と権威を高めるため、唐の長安城にあった闕

を模して、新たな都で朝堂院の南に楼閣を建設したとみられている。大極殿や朝

堂院の建物復元も、より装飾性が高い重層の屋根が考えられるようになってきた。

長岡宮大極殿跡・小安殿跡(ながおかきゅうだいごくでんあと・しょうあんでんあと)

 向日市鶏冠井町に1200年以上も前の建物の名前「大極殿(だいごくでん)」が今も
地名として残っています。

桓武天皇が政治を司ったところが「大極殿」で都の中で最も重要な場所です。
「小安殿」(しょうあんでん)
は、大極殿の後ろの建物を意味し「後殿」(こうでん)とも
呼ばれています。
昭和39年(1964)に国
の史跡に指定され、現在、大極殿公園として市民の憩いの場
となっています。毎年、11月11日には長岡京
遷都を記念して「大極殿祭」が行われます。

   
天皇、大極殿で朝賀を受ける

 「丁酉の朔。天皇、大極殿に御して朝を受く。」

『続日本紀』延暦4年(785)正月1日条

長岡京に遷都してはじめて迎える新年元旦の朝賛の儀式

がおこなわれるようすを大極殿背後の上空から望む。

大極殿の前に7本の宝幢がそびえン閤門の向こうの朝堂院

はまだ建設途上その前のON庭に官人か整列している。

完成まぢかの築地

 「庚子。西宮より移って、はじめて東宮に御す。」

『続日本紀』延暦8年(789) 2月27日条

遷都して3年ほどたつと、長岡宮の中心部で早くも大きな

改造がはじまる。

内裏か東のほうへ移されたのと同じ頃、朝堂院東第四堂の

すぐ東側に築地塀が築かれる。突貫工事のため、女性や子供

も、土を突き固めたり、板を運んだりと大忙しの現場。

長岡宮 朝堂院 内裏 右京 左京 宝幢(ほうどう 大極殿 閤門(ごうもん)
長岡宮跡
 長岡京の遷都にともなって、複都制としての難波宮、難波京が廃止されることになった。
これは桓武天皇が財政再建をはかるために、経費節減、緊縮政策を採用したことに
あるといわれる。
 長岡京は平城京からの遷都と難波京からの遷都をあわせて行うことによって、
都を一つにまとめるようとした。その際に難波宮の中心部建物を選んで長岡京の造営が
進められたのは、平城宮の社殿を運ぶよりも難波宮の方が難波堀江、淀川を経由することによって、
運びやすい条件をいかしたものといえる。
 その他に考えられることとして、遣唐使船が難波の江口で座礁したこともあり難波津に
浅瀬が多くなり、難波津が機能低下したことがうかがわせるものである。
 長岡京遷都直後に和気清麻呂が瀬戸内海交通に便利な三国川(現在の神崎川)に通
ずるようにした。
 藤原種継らが造長岡京使に任命され、遷都後も大工事が継続されていた。
延暦4年(785)9月、桓武天皇が平城京に行幸した留守中、種継は、大伴継人竹良に討たれ、
翌日亡くなった。
 そこで桓武天皇は種継暗さつに加担したという理由で、皇太子の早良親王を廃することにした。
このような状況下で工事は停滞した中で、延暦13年(794)10月には平安京に遷都された。
 築地塀というのは、土をたたきしめて積み上げた土塀のことで、古代から、都城・地方の役所・寺院等では、敷地の囲いとしてさかんに造られてきた。しかし、古代の築地が現在まで残ることはまれで、平城宮や多賀城(たがじょう)・法隆寺等にあるだけである。
 本築地跡は、長岡京の朝堂院の東100m、内裏の南140mに位置し特に内裏の西面内郭築地回廊とは南北に一直線に並ぶ。
 築地の構造は二つの部分からなっており、まず、塀全体を高くするため、基底に幅10m高さ1.7mの土塁を構築する。築地はこの土塁の上に築かれ、幅2.1m、現在残っている高さ1.0m〜1.2mを計る。かっては南北にさらにのびていたようであるが、現在は82mしか残っていない。
築地跡(ついじあと) 築地跡(ついじあと)
竹の径 竹の径 竹の径
       

竹の径

 竹の径は向日市特産の「孟宗竹」

を使った竹垣の散策道です。第

6向陽小学校から寺戸大塚古墳、

竹林公園、そして回生病院まで

竹垣が目を楽しませてくれてい

ます。平成14年から毎年秋には

「竹の径・かぐやの夕べ」が開

催され、4000本の水ロウソク

が夕闇の竹林を照らし、幻想的

な雰囲気をかもし出しています。