聖護院地図

 寛治5年(1090)に、白河法皇の命により、全国の修験者を統括するために創建された。その後、後白河天皇の皇子静恵法親王が当院に入寺し、以後門跡寺院となった。創建時の建物は現存せず、現在の建物は、江戸時代前期に造立されたものである。
 中世における山伏の暗躍は大きい。時流を巧みに利用して、全国に宗勢を拡げ、津々浦々の農民漁夫までも、熊野詣に先達する一方、遠隔僻村にまで行脚して、信者を獲取することに努め、かたわら、木根草皮を主材とした和薬の販売をも勤めた。
 珍しいのは表門から見える長屋門である。武家時代の住宅門として用いられたもので、もともと仲間部屋であった一部に、通用門を開けたものである。門の左右は門番小屋である。 武家邸であるから、屋根は瓦葺である。また邸内外の境界塀でもあるから、入母屋造、平入である。外廻りりの腰は、江戸下見張、または海鼠壁で、極めて堅固な外観を備える。武者窓を付け、虫籠窓もあり、格子の木割も太い。
本山修験宗総本山  京都御所の焼失によって2度、仮の皇居になった。