二上山 當麻寺地図

西塔(国宝)⇒⇒⇒ 東塔(国宝)
 二上山のこんもりとした樹影を背景に静かなたたずまいを見せている。
 用明天皇の皇子麻呂子王が推古天皇20年(612)に河内に建てた万宝蔵院に始まり、
その後天武天皇白鳳11年(681)に麻呂子王の孫當麻国見が現在地に移して、
この地方の豪族當麻氏の氏寺として整備したと伝えられる。
 金堂、講堂が南北に一直線に並び、金堂の南方両側に東西二つの三重塔が建ち、さらに本堂、薬師堂、
仁王門などが独特の伽藍配置で建ち並んでいる。特に古代に建立された東西両塔が完備している姿は有名。
 宗旨としては初め三論宗を奉じていたが弘法大師が参籠してから真言宗にかわり、
鎌倉時代には浄土宗の霊場ともなり、
以後現在まで真言浄土の二宗を倂立し八ヵ寺の塔頭(寺院)よりなる珍しい形になっている。
 金堂にある弥勒仏座像や日本最古の梵鐘をはじめ数多くの貴重な寺宝を伝えている。 
 二上山の麓、大和と河内を結ぶ要路にある当麻寺は地元豪族の当麻氏の氏寺として7世紀後半の白鳳時代に創建された。
西塔
 西南院仏塔として西塔が配置されている。三重まで三間あり、三層、桧皮葺、朱塗。
 東塔に比べずんぐりしている。  
 平安時代の建築。            
東塔
 初重のみを三間とし、二重、三重は二間にしてある。
 軒下の構造は三段階になった三手先斗栱(みてさきときょう)になっており、奈良時代に完成した。斜めに突き出た尾垂木(おだるき)も見える。
 西塔と同じく、相輪は八輪で、水煙は魚骨形の特異な意匠は珍しい。
 天平時代の建築。
 古代の東塔と西塔が揃って残る唯一の寺院。
 国宝の仏塔一覧⇒⇒⇒
本堂(曼荼羅堂・国宝)⇒⇒⇒ 日本最古梵鐘(国宝)白鳳時代 仁王門⇒⇒⇒
本尊 当麻曼荼羅
 曼荼羅は阿弥陀如来の極楽浄土の様子をあらわす、約4m四方の掛幅(かけふく)。天平宝字7年(763)、一人の高貴な姫(奈良時代の貴族の娘・中将姫)の極楽往生を願う思いによって織りあらわされた曼荼羅とされる。(蓮糸で一夜にして織ったという伝承が歌舞伎にもなって知られている。) ⇒⇒⇒
 本堂と仁王門とは西ー東線上にあり、南に金堂(左)北に講堂(右)が配置されている。
金堂(重文) 講堂(重文) 石灯籠(重文)
 金堂には、最も中心的な堂で弥勒菩薩座像(国宝)が安置され、弥勒仏の四隅に四天王立像(重文)
(東方時国天、南方増長天、西方広目天、北方多聞天)が配置されている。
 当麻寺の四天王像は、飛鳥時代の乾漆像で、四天王像としては法隆寺のものに次いで日本で2番目に古いものである。
 四天王は本来東西南北の守護神であるが、飛鳥、奈良時代の寺院はほとんど南に面して建てられるので、
四天王像は実際の方向をずらし、須弥壇の四隅に安置されている。他の奈良の寺院でも同じである。
 本堂は東を正面にして立つ。西方浄土を意識して本堂の中軸線は東西方向になっている。
一方、金堂は南が正面、東南に東塔、西南に西塔と三重塔2基が立つ。当初の当麻寺は薬師寺式伽藍で、中軸線は南北方向だった。
 日本最古の石灯籠で白鳳時代のもの。二上山凝灰岩で作られている。火袋は失われて木製である。

参道
当麻のけはや餅、けはやだんご。
神魂神社⇒⇒⇒ 
野見宿祢⇒⇒⇒
垂仁天皇⇒⇒⇒
相撲神社⇒⇒⇒

中将姫

 
練り供養会式 ポスターより 
 中将姫は、奈良時代後半の右大臣藤原豊成の娘とされるが、中将姫は継母にいじめられ、
亡母を慕って尼となり、當麻寺に入る。
ここで極楽浄土の様子を、蓮糸で綴織當麻曼荼羅(つづれおり・国宝)を一晩で織った。
 中将姫を西方浄土へお送る様子を再現する「練り供養会式」が5月14日に営まれる。
平安時代から続く伝統行事である。
 写真の木像は高さ73cm、永禄元年(1558)の作で、寺の本堂の厨子に安置されている。
白い布を頭にかぶっており、顔の見える部分が逆三角形で、一重の目元がきりりとしている。
顔立ちはやさしい。
 糸を染めた石光寺⇒⇒⇒ 
練り供養会式
 5月14日に、国宝曼荼羅を一晩で織り上げた伝説で知られる中将姫が、菩薩に導かれて
西方浄土へ向かう伝統行事が行われる。
 本堂を西方浄土に、娑婆堂を人間界に見立て、堂の間に長さ約110mの板の「来迎橋」を
設置する。
 信者らが仮面をつけて菩薩にに扮し、中将姫を迎えに本堂から娑婆堂へ。姫の像を乗せて
ゆっくりと引き返し、西方浄土へ導く。
 西日を受けて輝く荘厳な行列となる。 

taimamanndara

綴織当麻曼荼羅(つづれおりたいままんだら:国宝)

 貴族の娘がハスの糸で織りあげたという伝説をもつ。
 縦、横各約4mもの繊維作品を修理する手立てが見つかっていない。
 極楽浄土の姿をつづれ織りで表し、天平宝字7年(763)の制作と伝わる。
 極楽浄土を願った貴族の娘中将姫が織ったとの伝説や鎌倉時代以降の浄土教の広まりに伴い、いくつもの写しが造られた。
 8世紀にさかのぼるつづれ織りは世界でも例がないとされる。
 江戸時代延宝5年(1677)に板張りから掛軸に仕立て直して以降、修理の記録がない。つつれ織りが残るのは全体の4割
と言われ、往時の豪華な色彩を失って全体が赤茶けている。 

竹之内街道⇒⇒⇒



















.