葛木御縣坐神社地図

 山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド 
祭神豊宇気比売神(とようけひめ)
   あるいは天津日高日子番能瓊瓊杵尊
   (あまつひこひこににぎのみこと)
六御縣神社(むつのみあがた)の一つ。
大和では、高市、十市、志貴、山辺、曾布(添)の六縣が、
皇室の菜園に指定されていた。
 大和の南西、大坂との境界を限って、
金剛葛城連麗が南北にのび、山なみの北に二上山
の双頭がある。
 昔はこの山なみ全体を葛城山と総称し、
大和高田市域まで含む広い地域を葛城ノ国と呼んだ。
後の葛城県(あがた)で、天皇家が大切にした直轄領、
大和六御県である。
 古代豪族・葛城氏のふるさととして栄えた里であり、
鴨氏発祥の地でもあった。 
葛城氏
 氏姓の葛城は、かつらぎではなく、かずらぎが正しいとされる。
 山名、地名は現在かつらぎと読みならわしている。
 飛鳥時代に皇室をしのぐほどの勢力を持った大和豪族・蘇我馬子
は、葛城県を賜るよう推古天皇に請願したが拒否された。
 武内宿祢を祖とするという蘇我氏は、葛城を祖先の地として浴した
ようのも見えるが、難波の津に直結する大路、竹内街道の咽喉部に
葛城があったというのが重要。
葛城氏⇒⇒⇒
 葛城氏は雄略帝によってほろぼされた。
 帝はみずから軍隊をひきいて葛城円(つぶら)の屋敷をとりかこんだ。
円は哀願し、
 「なにとぞ命をたすけてください。たすけてくだされば娘の韓媛を奉りましょう」
 韓媛とあるから、朝鮮からきた女にうませた娘なのであろう。さらに円は、
「葛城の宅七区(いえななところ)を献上しましょう」
 と、いった。七ヶ村をさしあげる、という意味だが雄略帝は容赦せず屋敷に火を
かけ、円を焼きころしてしまった。もっとも韓媛は生かした。彼女はのちに雄略帝
のために皇子を生む。清寧帝である。だから円は殺され損であり、このとき葛城
もろとも雄略帝のものになってしまったにちがいない。大和盆地の勢力が葛城山
を圧倒し、古代葛城王朝の末裔はここに絶えたとみていい。
 
街道をゆく 葛城の高丘 司馬遼太郎
 鴨族は葛城(一帯に住んでいた種族で、葛城氏と印象が二重うつしになっている。
葛城王朝の頃は葛城氏が政治をつかさどり、鴨族が祭祀をつかさどるという図式
で考えていいのか、それともごく単純に鴨族のなかの王族が葛城氏であると考えて
いいのか、そのあたりはよくわからない。
 政治的には葛城氏は、5世紀末にほろぶ。しかし鴨族は政治的存在ではなさそう
だからクッキリとはほろびず、ただ葛城の故郷にあってはしだいに衰弱してゆく。
それらは「鴨の神々」をかついで諸国に散る。
 街道をゆく 一言主神社 司馬遼太郎