第46代 孝謙天皇(こうけん)
第48代 称徳天皇(しょうとく)
地図

聖武天皇(皇女)
藤原(あす)宿(かべ)媛(光明子)
誕生…718年(養老2年)
御名・異称阿倍(あべ)宝字称(ほうじしょう)(とく)(こう)(けん)皇帝(こうてい)高野(たかぬ)天皇・法基尼
  法華寺⇒⇒⇒
皇后━━
立太子…738年(天平10年)1.13  皇居平城宮
崩御…770年(神護景雲4年)8.4  年令…53
(孝謙天皇)
即位…749年(天平勝宝・天平宝字)7.2
退位…758年(天平宝字2年)8.1  在位年数…9
年号天平勝宝、天平宝字
(称徳天皇孝謙天皇重祚)
即位…764年(天平宝字8年)10.9
退位…770年(神護景雲4年)8.4  在位年数…6
年号天平宝字、天平神護、神護景雲
(孝謙天皇時代)
21才で阿倍(あべの)内親王(ひめみこ)が皇太子に立たれた。女性の皇太子はそれまでは例がなかった。
752年(天平勝宝4年)、東大寺廬舎那(るしゃな)大仏像の開眼法会が行われた。これは聖武天皇の願いにより、女帝での大仏開眼になっている。
757年(天平勝宝9年)に天皇寝殿の天井に天下泰平の文字が表れたので、天平宝字と改元された。聖武上皇の崩御の際、天武天皇の孫の()(など)王を皇太子に立てるよう遺詔されたが、守られたのは約1年で、藤原仲麻呂が策謀によって道祖王を陥れて、大炊(おおい)王を皇太子に立て、全国の兵力を統率出来る紫微(しび)内相(ないそう)を新しく設けて任じられている。
○仲麻呂の横暴は日増しに高く、不満派の橘諸兄(たちばなのもろえ)の子奈良(なら)麻呂(まろ)らが謀反を企てたが、事前に発覚して自殺、道祖王は獄死した。
758年(天平宝字2年)、藤原仲麻呂の推す大炊王皇太子(淳仁天皇)に譲位、上皇となった。(称徳天皇時代)
764年(天平宝字8年)、孝謙上皇は、兵を遣わし、(じゅん)(にん)天皇を淡路島に親王の待遇を与えて廃帝にした。
○重祚し称徳天皇となり、神より仏をあがめ、僧の道鏡を法王に任ずるなど、宗教的色彩の強い政治を行った。道鏡はこの間、孝謙上皇の病を治し、信頼を得て寵愛されるようになった。
○左大臣に藤原永手(ながて)、右大臣に吉備真備(きびのまきび)を登用し、律令制に沿った政治も進められている。
○大宰府の神主習宣(すげの)阿曽(あそ)麻呂(まろ)によりもたらされた「道鏡が天位につけば天下は太平となる」という神託を奉じた。しかし、改めて勅使として宇佐八幡宮に派遣された和気清麻呂(わけのきよまろ)により、神託を受け帰京した。「わが国は建国以来君臣の秩序が定まっている。臣下を君主とすることは未だかってない。皇位は必ず皇統の人を立てよ」との託宣であった。道鏡は激怒して清麿呂を解任して大隈(おおすみの)(こく)に配流した。しかし、女帝の崩御とともに道鏡の運命も尽き、下野薬師寺に左遷されて没した。

陵墓(たか)(ぬの)(みささぎ) (佐紀高塚山古墳) 前方後円墳
所在地奈良市山陵町
御陵は西面する三段築成の前方後円墳である。後円部は多少変形する。主軸長127m、後円部径84m、前方部幅70mで、完全ではないが浅い濠がある。陵域内に埴輪の破片が散見される。
○「延喜諸陵式」に「兆域東西五町、南北二町、守戸五烟」と載っている。しかし、七世紀後半の墳墓形式は古墳時代の伝統的な前方後円墳ではない。