倭建命

 倭建命の伝承地⇒⇒⇒
大和は 國のまほろば歌碑⇒⇒⇒
日本武尊琴弾原白鳥陵⇒⇒⇒
白鳥陵⇒⇒⇒
大鳥大社⇒⇒⇒
 
大鳥大社の日本武尊 
 
父  景行天皇   
母  播磨稲日大郎姫
(はりまのいなびのおおいらつめ)
 
子  仲哀天皇   
弟  成務天皇   
叔母  倭姫  斎宮:豊鋤入姫大来皇女 
孫  応神天皇  

倭建の命の西征

天皇が小碓の命に仰せられるには、「お前の兄はどうして朝夕の御食事に出て来ないのだ。お前が引き受けて教え申せ」と仰せられました。かようにおおせられて五日たってもやはり出て来ませんでした。そこで、天皇が小碓の命にお尋ねになるには「どうしてお前の兄が永い間出て来ないのだ。もしやまだ教えてないのか」とお尋ねになったので、お答えしていうには「もう教えました」と申しました。また「どのようにおしえたのか」と仰せられましたので、お答えして「朝早く厠におはいりになった時に、待っていてつかまえてつかみひしいで、手足を折って薦につつんで投げすてました」と申しました。

 そこで天皇は、その御子の乱暴な心を恐れて仰せられるには「西の方に熊曾建二人がある。これが服従しない無礼の人たちだ。だからその人たちを殺せ」と仰せられました。この時に、御髪を額で結っておいでになりました。そこで小碓の命は、叔母様の倭比売の命のお衣裳をいただき、剣を懐にいれておいでになりました。そこで熊曾建の家に行って御覧になりますと、その家のあたり、軍隊が三重に囲んで守り、室を作っていました。そこで新築の祝をしようと言い騒いで、食物を準備しました。よってその近所を歩いて宴会をする日を待っておいでになりました。いよいよ宴会の日になって、結っておいでになる髪を嬢子の髪のように梳り下げ、叔母様のお衣装をお着けになって嬢子の姿になって女どもの中にまじり立って、その室の中におはいりになりました。ここに熊曾建の兄弟二人が、その嬢子を見て感心して、自分たちの中にいさせて盛んに手拍子をとって遊んでおりました。その宴の盛んになった時に、命は懐から剣を出し、熊曾建の衣の襟を取って剣でその室の階段のもとに追って行って、背の皮をつかんでうしろから剣で刺し通しました。ここにその熊曾が申しますには、「そのお刀をお動かし遊ばしますな。申し上げることがございます」と言いました。そこでしばらく押し伏せておいでになりました。「あなた様はどなたでいらっしゃいますか」と申しましたから、「わたしは纏向の日代の宮においで遊ばされて天下をお治めなされる大帯日子淤斯呂和気の天皇の御子の倭男具那の王という者だ。お前たち熊曾建二人が服従しない無礼だとお聞きになされて征伐せよとお仰せになって、お遣わしになったのだ」とお仰せられました。そこでその熊曾建が、「ほんとうにそうでございましょう。西の方に我々二人を除いては武勇の人間はありません。しかるに大和の国には我々にまさった強い方がおいでになったのです。それではお名前を献上致しましょう。今からは倭建の御子とほめ申しあげましょう」と申しました。かように申し終わって、熟した瓜のへたがぽとりととれるように簡単にさき殺しておしまいになりました。その時からお名前をほめたたえて倭建の命と申し上げるのです。そうしてかえっておいでになった時に、山の神・河の神・また海峡の神を皆平定して都にお上がりになりました。

 美しい衣をまとい、鏡を手にした童女は、実は景行天皇の子の小碓命(の

ちの倭建命)。足下には一振りの短刀が置かれている。小碓命は父から西方

の熊曾建を討ち取るように命じられ、髪型や衣裳を少女のようにして、熊曾建

の宴会にまぎれこんだ。

石井林響(1884-1930)は、天 風、後に林響と号した。初め洋画を

学んだが、当時の日本画の新しい動きに感銘を受けて日本画へ転向し、神話

歴史などの主題を描いた。また、大正期からは南画(文人画)に取り組んだ

 
 髪を垂らし、叔母の倭比売命からもらった衣裳をつ

け、すっかり少女の姿になった小碓尊(小碓命.のち

の倭建命)が緊張した面持ちで様子をうかがってい

る。幕の向うでは、父の景行天皇から討つように命じ

られた熊曾建が宴を開いているのだ。熊曾建の兄弟が

すっかり油断したところで小碓命は剣を抜く。

前田青邨(1885-1977)は、古画の研究や

自然観察により、歴史画をはじめ肖像画,静物画など

に大きな業績を遺した。また、晩年には焼損した法隆

寺金堂壁画の再現模写や高松塚古墳壁画の模写も手が

けた。

 




加佐登神社拝殿内にある倭建命像

倭建の命の東征

 ここに天皇は、また続いて倭建の命に、「東の方の諸国の悪い神や従わない人たちを平定せよ」と仰せにになって、吉備の臣らの祖先の御鉏友耳建日子という人を副えてお遣わしになった時に、柊の長い矛を賜りました。よって御命令を受けておいでになった時に、伊勢の神宮に参拝して、そこに奉仕しておいでになった叔母様の倭比売の命に申されるには、「父上はわたくしを死ねと思っていらっしゃるのでしょうか、どうして西の方の従わない人たちを征伐にお遣わしになって、帰ってまいりましてまだ間もないのに、軍卒も下さらないいで、更に東方諸国の悪い人たちを征伐するためにお遣わしになるのでしょう。こういうことによって思えば、やはりわたくしを早く死ねと思っておいでになるのです」と申して、心憂く思って泣いてお出ましになる時に、倭比売の命が、草薙の剣をお授けになり、また囊をお授けになって、「もし急の事があったなら、この囊の口をおあけなさい」と仰せられました。

 かくて尾張の国においでになって、尾張の国の造の祖先の美夜須比売の家へおはいりになりました。そこで結婚なされようとお思いになりましたけれども、またかえって来た時にしようとお思いになって、約束をなさって東の国においでになって、山や河の乱暴な神たちまたは従わない人たちをことごとく平定遊ばされました。ここに相模の国においで遊ばされた時に、その国の造がいつわって言いますには、「この野の中に大きな沼があります。その沼の中に住んでいる神はひどく乱暴な神です」と申しました。よってその神はどんな様子かと、その野においでになりましたら、国の造が野に火をつけました。そこで欺かれたとお知りになって、叔母様の倭比売の命のお授けになった囊の口を解いてあけて御覧になりましたところ、その中に火打がありました。そこでまず御刀もって草を苅りはらい、その火打をもって火を打ち出して、こちらからも火をつけて焼き退けてかえっておいでになる時に、その国の造どもを皆切り滅し、火をつけてお焼きなさいました。そこでいまでも焼津といっております。

 三重の村においでになった時に、また「わたしの足は、三重に曲がった餅のようになって非常に疲れた」仰せられました。そこでその地を三重といいます。

 そこからおいでになって能煩野に行かれました時に、故郷をお思いになってお歌いになりましたお歌、

 大和はひいでた国だ。

 重なり合っている青い垣、

 山に囲まれている大和は美しいなあ。

 生命の充ちみちている人は、

 大和の国の平群の山の、

 りっぱな白檮の木の葉を、

 間插におさしなさい。お前たち。

とお歌いになりました。この歌は思国歌という名の歌です。またお歌い遊ばされました。

 なつかしいわが家の方から雲が立ち昇って来るよ。

これは片歌でございます。この時に、御病気が非常に重くなりました。そこで、御歌を、

 嬢子の床のほとりに、

 わたしの置いて来た大刀、

あの大刀よ。

と歌い終わって、お隠れになりました。そこで急使を上せて朝廷に申し上げました。

日本書紀で日本武尊を古事記では倭建命と書きますが、この倭は大和平野の一地名の倭ではなく、倭国全体を意味するので、それが、書紀編纂の時には日本にかわったのも、この時期の国内統一として大きな意味がある。

加佐登神社境内にある倭建命像
伊吹山
能褒野王塚古墳 地図 
 
 
       
 日本武尊沈勇図
幸野楳嶺(1844〜1895)
日本武尊
松本楓潮(1840〜1923)
 弟橘媛投身の図 
大浦玉楊(明治後期頃)
 東国征伐に向かう倭建命が相模国から走水の 海を渡ろうとしたとき、海峡の神が荒波を起こし、船はくるくる回るばかりだった。橘媛(弟橘 比売命)は、夫である倭建命の身代わりとなり海に入る。

すると波は静まり、船は無事進むのだった。r古事記』には「菅畳八重・.皮畳八重・.?畳八重を波の上に敷き、その上に下りていった」と書かれているが、この絵の図様は菊池容斎著「前賢故実』の中の「弟橘媛」の画にもとづき、髪をなびかせ荒海へ飛び下りるスピード感にあふれたものとなっている。

この作品は、日本武尊(倭建命)と弟橘媛命(弟橘比?命)を祀る走水神社(神奈川)に伝えられている。筆者の大浦玉陽について詳細は不明だが、箱に「大浦玉陽女史」と記されており、女流画家と思われる。

吾妻はや(中下絵) 安田靫彦 昭和46年

 「吾妻はや」とは、「ああ、我が妻よ」という意味。妻とは、
倭建命のために荒れる海に身を沈めた弟橘比売
命を指す。

東国征伐を終えて帰還途中の倭建命が相模駿河の境にある足柄峠で何度もため息をつき、弟橘比売命を偲んで「吾妻はや」と言った場面が描かれている。

このエピソードから、そのあたりの土地を「阿豆麻(吾妻)」

と呼ぶようになったともいう。

 日本画の制作において、最初に描く小さな下絵(小

下絵)をやや拡大して描く下絵を中下絵という(中下

絵は描かれない場合もある)。下絵の各段階で構図・形

などを検討し、最後に完成作と同じ大きさの大下絵を

描いて最終的な検討の後、決定した大下絵の線を画絹

などに写し取り実作品を描いていく。

安田靫彦(1884-1978)は、明治後期から昭和にかけて活躍した日本画家。歴史的な題材を多くとり上げ、「古事記』に登場する神や人物も描いた。