不退寺地図

本堂(重文) 金龍山不退轉法
輪寺の碑
聖観音菩薩立像
(佐保路の秘仏と寺宝展
ポスターより)
 真言律宗
本尊 聖観音菩薩立像(重文)
 五大明王(重文)
 阿保親王坐像
 地蔵菩薩立像
 不退寺は正しくは不退轉法輪寺と称し、承和14年(847)に在原業平
が、祖父にあたる平城上皇の萱(かや)の御所を建てたのがはじまり。
 御所といっても庵である。阿保親王と臣籍から降下した在原業平が
受け継いで住んでいたのを、のちの菩提寺にした。
 不退寺が15大寺の一つであるところから、業平の私寺ではなく、
業平の父阿保親王が創建したことからも官寺に準ずる寺であったと
考える説もある。
 平城上皇薬子の変で失意のうちに天長元年(824)崩御されるが、
その冥福を祈るため、阿保親王によって不退寺、
平城の皇子真如親王によって超昇寺が、いずれも平城京に近い上皇
ゆかりの地に、崩御されてまもなく創建されたとも考えられる。
南門(重文) 多宝塔(重文)
 本堂 桁間5間、梁間4間、屋根単層、寄棟造本瓦葺。 
 南門 切妻造本瓦葺の四脚門で、鎌倉末期の建築。
 多宝塔 柱は方柱大面取、方3間で中央の間に板扉を開き、左右に青鎖窓をはめている。上層部は檜皮葺きであったが欠いている。
不退寺のもう一つの名は「南都花の古寺」。500種類ほどのはながある。
池泉回遊式の庭園がある。
石棺
 ウワナベ古墳南側の平塚古墳(現在24号線バイパス)から発掘されたもので、石材は春日砥(砂岩の一種)。
草刈の人がこれで鎌を研いだ痕が沢山残っている。長さは2.7mで舟型割竹くり貫き石棺ともいう。
 阿保親王(あぼしんのう・792〜842)平城天皇の皇子。
810年薬子の変に連座して大宰権帥に左遷された。
のち許されて帰京し,子の行平・業平に在原姓を賜った。
 業平は、彼のゆくところ、皇族であろうが大臣の妻であろうが、恋愛を思うままに実行した。その行状が臣籍降下に追いやった。
業平については記録が少ない。藤原一族が彼の行状をこころよくおもわなかったので黙殺しようとしたか、或いは、
彼の知能が優れていて警戒されたのか。
百人一首⇒⇒⇒
人物⇒⇒⇒
  ありわらのなりひら【在原業平】人(825〜880)平安前期の歌人。六歌仙・三十六歌仙の一 人。在五中将・在中将と称される。
阿保親王の第五 子。歌風は情熱的で,古今集仮名序に「心あまりて言 葉たらず」と評された。「伊勢物語」の主人公とされ る。
色好みの典型として伝説化され,美女小野小町に 対する美男の代表として後世の演劇・文芸類でもては やされた。家集「業平集」
大辞林 第三版
 
南門

不退寺の由緒

       大和北部八十八ヶ所御詠歌

           観音をた,だ一筋にたのみつつ

              不退の寺に急ぎまいらん

 仁明天皇の勅願により近衛中将兼美濃権守在原業平朝臣の建立になる不退寺は大同四年(八〇九)平城天皇御譲位の後、

平城京の北東の地に萱葺きの御殿を造営、入御あらせられ「萱の御所」と呼称せられた。その後皇子阿保親王及びその第五

業平朝臣(八二五 ~八八0)相承してここに住した。

業平朝臣伊勢参宮のみぎり天照大神より御神鏡を賜り「我れつねになんじを護る。なんじ我が身を見んと欲せばこの神

鏡を見るべし、御が身すなわち神鏡なり。」との御神勅を得て霊宝となし、承和十四年(八四七)詔を奉じて旧居を精舎とし

自ら聖観音像を作り本尊として安置し、父親王の菩薩を弔うと共に、衆生済度の為に「法輪を転じて退かず」と発願し、不

退転法輪寺と号して,仁明天皇の勅願所となった。略して不退寺(業平寺)と呼び、南都十五大寺の一として、法燈盛んで

あった。その後時代の推移と共に衰頹したが慶長七年(一六O二)寺領五十石を得て、一時寺観を整え南都に特意な存在を

示した。境内の整備も一段と振い、面目とみに一新するに至った。

今もなお、美しく清掃されたその清々しさは,業平朝臣伝承の美の象徴とも言える。

昭和五年四月久邇宮邦英殿下の御来山を仰ぎ有難き御言葉添えによって、当山の修理が一段と進捗すると共に記念として

香炉1基を下賜され、本尊の霊前にあって寺史に精彩を加えている。

【建造部】

南門(重要文化財) 切妻造本瓦葺の四脚門で,方柱には大きな面を取り左右身柱の上に豪壮な板蟇股を載せ、中

央冠木の上には束を中心に,笈形風にいろいろと飾り立てているのが特異である。鎌倉末期の建築で、昭和九年の修

理により墨書銘を発見確認されている。笈形を盛んに用いた室町,桃山の建築様式の先駆をなしたともいえる最古の

ものである。


(墨書銘不退寺蔵)

別当法印顕昭   真道房 宴明房 定明房 大工友吉 権大工友継

不退寺南大門上棟 現在僧日意房  入真房 尊空房 番匠引頭 友成末春  正和六年正月廿四日

願主専宗春房  観教房 法慶房 道円房  長 者 末宗友遠

本堂(重要文化財)  桁間五間 、,梁間四間、屋根単層、寄棟造本瓦葺、軒は二軒で二重繁棰、斗拱は三斗の枠組.

中備に間斗束を配している。軸部は円柱で正面の頭貫を虹梁の様態に扱っている。これが正面中央に虹梁を架けた最

初のもので、この方法が鎌倉時代に入って一般となったもので注目すべき点である。内部の柱頭部に三斗を組み、木

鼻をつけている特異な構造であって、中央に二条の大虹梁を架け,梁の上に太瓶束を立てて 折上組入天井の廻縁を支

えている。爾来、桃山,江戸,昭和と三回の修理を経て現在に至ったもので、その様式を完全に残している。


多宝塔(重要文化財)  柱は方柱大面取,方三間で中央の間に板扉を開き,左右には青鎖窓をはめている。斗拱は三

斗出組とし、斗拱間には鎌倉時代特有の美しい蟇股を配し、柱頭部には頭貫を通じ、貫端に天竺様の木鼻を附けてい

る。内部は二重折上げの小組格天井をはめ、彩絵を以て装飾している。その一部は修理に際し復原されたものである。

この塔には最初上層があって檜皮葺きであったことが寛政年間刊行の大和名所図会によって明らかで、高さは十三メ

トル六0,明治以降下軸部のみとなったとはいえ、鎌倉中期の特徴を具え当時の多宝塔としては出色のもので、池を

隔で見る姿はまことに優美である。

 

【仏像部】

聖靚世音菩薩立像(重要文化財)  一メートル九0(平安初期),本尊であって木彫一本造りで,全身胡粉地に極彩色の

花文装飾を施した豊満端厳な像で、業平朝臣御自作の代表的な名作である。

五大明王像 (重要文化財)  木彫彩色、不動明王(中尊)降三世明王(四面八臂) 一メートル五0、軍荼利夜叉明王(一

面八臂) 一メートル五八、金剛夜叉明王(三面六臂) 一メートル四六、大威德明王(六面六臂牛騎) 一メートル四五

の五軀であるが、五大明王がかく完備したのは珍しいもので金剛夜叉明王は特に傑出している。藤原時代中期の作

風をもつ貴重な遺作である。


阿保親王坐像(県指定文化財)  一メートル,木彫、鎌倉時代のもので、肖像彫刻中の佳作で業平朝臣の父である。


地蔵菩薩立像  七0センチ,木彫一本造りで,弘仁時代の作で多宝塔に安置された千体地蔵の本尊とも言うべきものであ

ろうと言われている。千体地蔵は現在数体残しており、墨書銘によると(御仏千躰地蔵菩薩安浪御作也……)安浪作

の千体地蔵が安置されてあったことが判った。安阿彌のかへ字で,名工快慶をいうのであろう。


【その他】

石棺(五世紀)  庫裡の庭にあって石材は春日砥(砂岩の一種)で、草刈の人たちがこれで鎌を研いだと思われる痕

が沢山残っている。付近には古墳が沢山あって,おそらくそこから運ばれたものであろうと言われている。


業平の舎利塔(重文)  業平画像、釈迦涅槃画像、弁財天像,石卒都婆、伊勢物語、こけら経等多数の寺宝がある。

 動画    不退寺⇒⇒⇒
  全動画⇒⇒⇒