番号 作  者 筆  者 地図
ーーー 小林秀雄  山邊道
柿本人麻呂 平泉 澄 志紀し間の やまと乃くには こ鳥たま野 さ紀はふくにそ まさきくありこそ
作者不詳 樋口清之 夕さらば かはず鳴くなる 三輪川の 清き瀬の音を 聞かくし良しも
作者不詳 有島生馬 隠口の 泊瀬の 青幡の 忍坂の山は 走出の 宜しき山の 出立の 妙しき山ぞ 惜しき山の 荒れまく惜しも
作者不詳 今 東光 紫は ほのさすものぞ 海石榴市の 八十のちまたに 逢へる子や誰
作者不詳 山口誓子 磯城島の 日本の国に 人二人 ありとし思はば 何か嘆かむ
柿本人麻呂 林 房雄 わが衣 色にそめなむ 三室の山は もみぢしにけり
倭建命 黛 敏郎 大和は 国のまほろば たたなづく 青垣 山ごもれる 大和し 美し
長屋王 堂本印象 うまさけお 三輪のはふりが やまてらす あきのもみじば ちらまくをしも
10 伊須気余里比売 月山貞一 狭井河よ 雲立ち渡り 畝火山 木の葉さやぎぬ 風吹かむとす 10
11 額田王 千田 憲 うま酒 三輪の山 あをによし 奈良の山の 山の間に いかくるまで 道のくま いさかるまでに
つばらにも 見つつ行かむを 心なく 雲の かくさふべしや  
11
12 神武天皇 北岡寿逸 葦原の しけしき小屋に 菅畳 いあやさや敷きて わが二人寝し 12
13 額田王 川端康成 三輪山を 志かも隠すか 雲だにも こころあらむ 隠さふべしや  13
14 高市皇子尊 安田靫彦 や万万弔の 立ちしげ美当る やましみつ 久美にゆか免と 道の志らなく 14
15 柿本人麻呂 徳川宗敬 古の 人の植ゑけむ 杉か枝に 霞たなひく 春は来ぬらし 15
16 柿本人麻呂 吉田富三 いにしへに ありけむ人も わが如か みわの桧原に かざし折りけむ 16
17 倭建命 川端康成 大和は 國のまほろば たたなずく 青かき 山ごめれる 大和し 美し 17
18 天智天皇 東山魁夷 香具山は 畝火雄男志と 耳梨と 相あらそひき 神代より 斯くにあるらし 古昔も 然にあれこそ 
うつせみも 嬬を あらそうらしき
18
19 作者不詳 久松潜一 三諸は 人の守る山 本べは あしび花咲き 末べは つばき花咲く うらぐはし山ぞ 泣く兒守る山 19
20 作者不詳 千宗室 鳴る神の 音のみ聞きし 巻向の 桧原の山を 今日見つるかも 20
21 高市皇子 入江泰吉 神山の 山邊真蘇木綿 みじか木綿 かくのみ故に 長しと思ひき 21
22 柿本人麻呂 市原豊太 巻向の 山邊響みて 行く水の みなわの如し 世のほと吾は 22
23 柿本人麻呂 棟方志功 痛足川 川波立ちぬ 巻目の 由槻が嶽に 雲居立てるらし 23
24 柿本人麻呂 岡 潔 足引きの 山かも高き 巻向の 岸の小松に み雲降りけり 24
25 柿本人麻呂 鹿児島寿蔵 あしびき野 山川の瀬乃 響るなべに 弓月が嶽に 雲立ち渡る 25
26 柿本人麻呂 武者小路実篤 ねはたまの 夜さり来れば 巻向の 川音高しも あらしかも疾き 26
27 柿本人麻呂 佐藤佐太郎 三諸の その山なみに 児らが手を 巻向山は 継のよろしも 27
28 柿本人麻呂 山本健吉 纏向之 桧原もいまだ 雲ゐねば 子松か梢ゆ 沫雪流る 28
29 作者不詳 会津八一 天雲に 近く光りて 鳴る神の 見れば恐し 見ねば悲しも 29
30 額田王 中河与一 うま酒 三輪の山 あをによし 奈良の山の 山の間に いかくるまで 道のくま いさかるまでに 
つばらにも 見つゝ行かむを しばしばも 見さけむ山を 心なく 雲の かくさふべしや
30
31 柿本人麻呂 犬養孝 衾道を 引手の山に 妹置きて 山路を行けば 生けりともなし 31
32 長忌寸奥麿 木本誠二 苦しくも 降り来る雨か 神の崎 狭野の渡りに 家も阿らなくに 32

s