万葉歌碑

1,山の辺の道
筆 小林秀雄
2、志紀し間のやまと乃くには
歌 柿本人麻呂
筆 平泉澄
3、夕さらばかはず鳴くなる
歌 不詳
筆 樋口清之
4、隠口の泊瀬の山
歌 不詳
筆 有島生馬
5、紫はほのさすものぞ
歌 不詳
筆 今東光
6、磯城島の日本の国に
歌 不詳
筆 山口誓子
7、わが衣色にそめなむ
歌 柿本人麻呂
筆 林房雄
8、大和は国のまほろば
歌 倭建命
筆 黛敏郎
9、うまさけを三輪のはふりが
歌 長屋王
筆 堂本印象
10、狭井河よ雲立ち渡り
歌 伊須気余理比売
筆 月山貞一
11、うま酒三輪の山
歌 額田王
筆 千田憲
12、葦原のしけしき小屋に
歌 神武天皇
筆 北岡寿逸
13、三輪山を志かも隠すか
歌 額田王
筆 川端康成
14、やまぶきの立しげ美当る
歌 高市皇子尊
筆 安田靫彦
15、古の人の植ゑけむ
歌 柿本人麻呂
筆 徳川宗敬
16、いにしへにありけむ人も
歌 柿本人麻呂
筆 吉田富三
17、大和は国のまほろば
歌 倭建命
筆 川端康成
18、香具山は畝傍雄男志と
歌 天智天皇
筆 東山魁夷
19、三諸は人の守る山
歌 不詳
筆 久松潜一
20、鳴る神の音のみ聞きし
歌 不詳
筆 千宗室
21、神山の山辺真蘇木綿
歌 高市皇子
筆 入江泰吉
22、巻向の山辺響みて
歌 柿本人麻呂
筆 市原豊太
23、痛足川川波立ちぬ
歌 柿本人麻呂
筆 棟方志功
24、足引きの山かも高き
歌 柿本人麻呂
筆 岡潔
25、あしびき野山川の瀬乃
歌 柿本人麻呂
筆 鹿児島寿蔵
26、ぬばたまの夜さり来れば
歌 柿本人麻呂
筆 武者小路実篤
27、三諸のその山なみに
歌 柿本人麻呂
筆 佐藤佐太郎
28、巻向之桧原もいまだ
歌 柿本人麻呂
筆 山本健吉
29、天雲に近く光りて
歌 不詳
筆 会津八一
30、うま酒三輪の山
歌 額田王
筆 中河与一
その他の歌碑

31、衾道を引手の山に
歌 柿本人麻呂
筆 犬養孝

次の文献等から引用させて頂きました⇒⇒⇒


















/