人物他 

 山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド  京都 散策ガイド 
  人物他(地図の定まらない) 仏像の種類   古事記の神々  

       やらわ

あ  名  よみかた   
  在原業平 z ありわらのなりひら   
  安倍晴明  あべのせいめい    
  阿倍仲麻呂  あべのなかまろ    
  会津八一  あいずやいち    
  粟田氏   あわたうじ    
  有間皇子  ありまのみこ   
  あがた   
  阿知使主 
(阿智主)
あちのおみ  
  阿保親王  あぼしんのう   
  安積親王  あさかしんのう   
  飛鳥以前  あすかいぜん   
  飛鳥時代とは  あすかじだい  
  飛鳥の歴史 調査と保護  あすかのれきし  
  安寧天皇 あんねいてんのう   
  飛鳥~奈良時代衣装解説 あすか~ならじだい   
  安恵  あんね   
  以心崇伝  いしんすうでん   
  石川丈山  いしかわじょうざん   
  一休  いっきゅう    
  隠元禅師  いんげんぜんじ    
  乙巳の変  いっしのへん    
  一遍  いっぺん   
  磐井の乱  いわいのらん  
  磐余の宮/磐余の名 いわれのみや   
  磐之媛命  いわのひめのみこと   
  井真成  いのまなり/せいしんせい   
  懿徳天皇  いとくてんのう  
  允恭天皇 いんぎよう  
  飯豊天皇 いいとよ  
  伊予親王  いよしんのう   
  一の宮  いちのみや   
  伊勢物語  いせものがたり   
  稲作  いなさく   
  運慶  うんけい   
  宇摩志麻治命   うましまぢ   
  宇治天皇 うじ  
  うめ  うめ   
  円融天皇  えんゆうてんのう   
  疫病・伝染病・天然痘  えきびょう   
  栄西  えいさい・ようさい   
  円仁
(慈覚大師) 
えんにん   
  役行者  えんのぎょうじゃ   
  叡尊  えいそん    
  延喜式  えんぎしき   
  絵馬につい えま  
  兄猾  えうかし   
  応仁の乱  おうにんのらん    
  小野小町   おののこまち    
  小野篁  おののたかむら    
  小野妹子   おののいもこ   
  大村益次郎  おおむらますじろう   
  大伴旅人  おおとものたびと  
  大伴家持  おおとのやかもち    
  太安万侶  おおのやすまろ    
  忍壁皇子 
 (忍坂部皇子)
 (刑部親王)
おさかべのみこ    
  大己貴神 おおなむち  
  大物主神  おおものぬし  
  大津皇子 おおつのみこ   
  大友皇子 おおとものみこ  
  大伴金村  おおとものかねむら   
  応神天皇  おうじんてんのう   
  大田皇女
(太田) 
おおたのひめみこ  
  大伯皇女
(大来) 
おおくのひめみこ  
  大江皇女  おおえのひめみこ   
  岡宮天皇 おかみやてんのう   
  お里・沢市 おさと・さわいち   
か       
柿本人麻呂  z かきのもとひとまろ   
  快慶  かいけい   
  鑑真和上  がんじんわじょう    
  漢字   かんじ    
  影媛  かげひめ   
  葛城氏  かつらぎし   
  蒲生君平   がもうくんぺい  
  西文氏  かわちのふみ   
  神奈備  かむなび   
  漢字 かんじ  
  軽皇子  かるのみこ  
  春日宮天皇 かすがのみや  
  桓武天皇  かんむてんのう   
  鏡王女 かがみのひめみこ   
  川島皇子(河嶋) かわしまのみこ   
  葛城王
(橘諸兄) 
かつらぎのみこ  
  懐風藻  かいふうそう   
  笠縫邑  かさぬいむら  
  神八井耳命  かみやいみみ   
  唐門  からもん   
  義渕  ぎえん    
  行基  ぎょうき    
  紀貫之   きのつらゆき  
  吉備真備  きびのまきび   
  吉備内親王  きびないしんのう   
  魏志倭人伝   ぎしわじん   
    きょう    
  旧石器時代  きゅうせっき  
  欽明天皇 きんめい  
  慶光天皇 きょうこうてんのう   
  鬼室福信  きしつふくしん   
  紀氏  きし  
  金・金閣寺 きん・きんかくじ   
  銀・銀閣寺  ぎん・ぎんかくじ    
  鞍作止利   くらつくりのとり   
  空也上人   くうやしょうにん    
  草壁皇子 くさかべのみこ   
  九重塔  くじゅうのとう   
  薬子の変  くすこのへん   
  継体天皇 けいたいてんのう   
  景行天皇 けいこうてんのう   
  元明天皇 げんめいてんのう  
  元正天皇 げんしょうてんのう  
  慶光天皇 けいこう  
  源氏物語 げんじものがたり    
  桂昌院  けいしょういん    
  玄昉  げんぼう   
  建礼門院 けんれいもんいん    
  源信(恵心僧都)  げんしん   
  遣隋使  z けんずいし    
  遣唐使  z けんとうし   
  元号 げんごう   
  元寇 
 蒙古襲来
 文永の役・弘安の役
げんこう   
  欠史八代 けっしはちだい   
  古事記  こじき  
  康慶  こうけい    
  弘法大師  こうぼうだいし    
  公慶上人  こうけいしょうにん   
  小堀遠州  こぼりえんしゅう    
  牛頭天王  ごずてんのう   
  公地公民制  こうちこうみんせい   
  弘文天皇 こうぶん   
  弘仁天皇  こうにんてんのう   
  孝霊天皇 こうれい  
  後醍醐天皇 ごだいご  
  皇極天皇 こうぎょく  
  後高倉太上天皇 ごたかくらだじょう  
  孝元天皇 こうげんてんのう  
  孝徳天皇 こうとく  
  孝謙天皇
(称徳) 
こうけんてんのう   
  後村上天皇 ごむらかみてんのう   
  後祟光太上天皇 ごすこうだじょうてんのう   
  後鳥羽天皇  ごとばてんのう   
  光仁天皇  こうにんてんのう   
  孝明天皇  こうめいてんのう  
  後桜町天皇  ござくらまちてんのう   
  古墳 こふん  
  古墳の構造 こふんのこうぞう   
  古道 こどう  
  光明皇后  こうみょうこうごう   
  金春秋 こんしんじゅう   
     
  三大  さんだい    
  西行法師  さいぎょうほうし     
  佐久間象山  さくましょうざん    
  最澄 さいちょう   
  斎王  さいおう    
  坂上田村麻呂  さかのうえたむろまろ   
  三種の神器  さんしゅのじんぎ  
  斎王 さいおう  
  斉明天皇  さいめい   
  嵯峨天皇 さがてんのう   
  西国三十三所  さいごく  
  猿石  さるいし   
  聖徳太子  しょうとくたいし    
  慈恵大師良源
(元三大師) 
じえだいし
がんさんだいし) 
 
  貞慶  じょうけい    
  重森三玲   しげもりみれい    
  社家   しゃけ    
  親鸞 しんらん   
  式内社  しきないしゃ   
  続日本紀  しょくにほんぎ  
  七支刀 しちしとう   
  定慧  じょうえ    
  壬申の乱  じんしんのらん    
  宗印  じょういん   
  神武東征   じんむとうせい    
  真言宗 しんごんしゅう  
  浄土宗 じょうどしゅう  
  地震  じしん  
  縄文時代  じょうもんじだい    
  十七条の憲法  じゅうしちじょう    
  淳和天皇  じゅんなてんのう  
  鹿せんべい  しかせんべい    
  持統天皇 じとう  
  舒明天皇 じょめい  
  神武天皇  じんむてんのう  
  淳仁天皇  じゅんにんてんのう   
  聖武天皇 しょうむてんのう   
  神功皇后 じんぐう  
  施基皇子  しきのみこ   
  字  じ   
  神道  しんとう   
  神仏習合 しんぶつしゅうごう   
  時代まつり じだいまつり   
  角倉了以 すみのくらりょうい   
  菅原道真  すがはらみちざね   
  祟神天皇  すじんてんのう  
  推古天皇 すいこてんのう  
  綏靖天皇 すいぜいてんのう  
  垂仁天皇 すいにん   
  祟峻天皇  すしゅん   
  崇徳天皇  すとく  
  祟道天皇 すどう  
  祟道盡敬皇帝  すどうじんけいこうてい    
  鈴鹿王  すずかのおおきみ   
  随神(身)像 ずいしんぞう   
  禅宗  ぜんしゅう   
  宣化天皇  せんか  
  先代旧事本紀  せんだいくじほんぎ   
  (旧)石器時代 せっき   
  清少納言  せいしょうなごん   
  蘇我氏   そが   
  蘇我入鹿  そがのいるか   
  蘇我蝦夷  そがのえみし   
  蘇我馬子 そがのうまこ   
  蘇我倉山田石川麻呂  そがのくらやまだいしかわまろ   
  蘇民将来   そみんしょうらい   
  素性法師  そせいほうし   
  曹洞宗  そうとうしゅう   
 た       
  武内宿禰 たけしうのちすくね
たけのうちのすくね
たけうちのすくね
 
  大燈国師  だいとうこくし    
  大化改新 z たいかのかいしん  
  高倉下 たかくらじ   
  高天原  たかまがはら  
  大嘗祭 だいじょうさい   
  竜田道  たったみち   
  高市皇子 たけちのみこ   
  狂心渠  たぶれごころのみぞ   
  手白香皇女  たしらかおうじょ    
  大社と小社  だいしゃとしょうしや   
  谷三山  たにさんざん  
  田道間守 たじまもり   
  高天原  たかあまはら   
  当麻蹴速 たいまのけはや   
  建王  たけるのみこ   
  高安の女  たかやす   
  当芸志美美の命  たぎしみみのみこと   
  橘諸兄(葛城王)  たちばなのもろえ   
  橘三千代   たちばなのみちよ  諸兄、光明皇后の母、
 美努王、不比等の妻 
  橘奈良麻呂  たちばなのならまろ  諸兄の子  
  橘逸勢   たちばなのはやなり 諸兄の孫 
  橘嘉智子  たちばなのかちこ 諸兄の孫、嵯峨天皇の子  
  橘大郎女   たちばなのおおいらつめ  聖徳太子の妃 
  重源  ちょうげん   
  近松門左衛門  ちかまつ   
  近つ飛鳥  ちかつあすか  
  追尊天皇 ついそんてんのう  
  天平文化  てんぴょう   
  天台宗  てんだいしゅう   
  天孫降臨 てんそんこうりん    
  天智天皇  てんじ   
  天武天皇  てんむ  
  天皇と宮の名  てんのうとみや  
  道鏡  どうきょう  
  道教  どうきょう  
  道元 z どうげん    
  鳥羽天皇  とばてんのう   
  舎人親王  とねりしんのう   
  豊鍬入姫  とよすきいりひめ    
  十市皇女   といちのみこ    
  遠つ飛鳥  とおつあすか    
  渡来系  z とらいけい   
  塔の規模(東アジア)  とうのきぼ   
  十市遠忠  といちとおただ    
  富岡鉄斎  とみおかてっさい  
  動画 どうが  
  塔(国宝)  とう  
       
  中つ国  なかつくに  
  長持形石棺   ながもちがたせっかん    
  南都六宗   なんとろくしゅう    
  長髄彦   ながすねひこ    
  長皇子  ながのみこ  
  長屋王  ながやおう   
  奈良仏教  ならぶっきょう  
  日本書紀  にほんしょき    
  日本語表記の始まり にほんご   
  日本人が優秀なわけ   にほんじん  
  日本人いつからいたか にほんじん  
  饒速日尊  にぎはやひ   
  日蓮  にちれん    
  日蓮宗 にちれんしゅう  
  仁徳天皇  にんとくてんのう   
  仁賢天皇 にんけんてんのう    
  日本遺産  にほんいさん    
  新田部皇子  にいたべのみこ   
  額田姫王  ぬかだのおおきみ    
  年輪年代法   ねんりんねんだい    
  淳名城入姫  ぬなきいりひめ   
  野見宿禰 のみのすくね   
  能楽 のうらく   
       
  白鳳  はくほう    
  白鳳時代 はくほうじだい  
  八角墳  はっかくふん    
  芭蕉   ばしょう   
  白山信仰 はくさんしんこう  
  土師氏  はじし  
  秦氏 はた   
  間人皇女  はしひとのひめみこ   
  隼人 はやと   
  稗田阿礼  ひえだのあれ    
  卑弥呼  ひみこ    
  百人一首  ひゃくにんいっしゅ   
  檜皮葺き  ひわだぶき  
  敏達天皇  びたつてんのう   
  敏達天皇  びたつてんのう    
  伏見城  ふしみじょう   
  藤原氏 ふじわらし  
  藤原鎌足 ふじわらのかまたり    
  藤原不比等  ふじわらふひと   
  藤原宮子  ふじわらみやこ   
  藤原房前(北家)  ふじわらのふささき   
  藤原内麻呂  ふじわらうちまろ   
  藤原真夏  ふじわらまなつ   
  藤原冬嗣  ふじわらふゆつぐ   
  藤原武智麻呂(南家) ふじわらのむちまろ   
  藤原仲麻呂  ふじわらなかまろ  藤原恵美押勝
  藤原乙叡  ふじわらおとえ   
  藤原麻呂(京家)  ふじわらのまろ   
  藤原宇合 (式家) ふじわらのうまかい   
  藤原広嗣  ふじわらのひろつぐ   
  藤原種継   ふじわらたねつぐ    
  藤原緒嗣  ふじわらおつぐ   
  藤原縄主  ふじわらただぬし   
  藤原仲成  ふじわらなかなり   
  藤原薬子  ふじわらくすこ   
  船氏  ふねうじ  
  文楽   ぶんらく    
  古人大兄皇子   ふるひとのおおえのみこ    
  伏見天皇  ふしみてんのう   
  古い太刀  ふるいたち   
  遍照 へんじょう   
  平城天皇  へいぜいてんのう   
  墓誌   ぼし    
  本間精一郎  ほんませいいちろう     
  法然  ほうねん   
  法相宗 ほっそうしゅう   
       
  万葉集  まんようしゅう    
  (万葉集)  まんようしゅう   
  万葉歌碑  まんようかひ  
  曼荼羅  まんだら  
  万葉仮名  まんようがな   
  源融  みなもと の とおる    
  南渕請安  みなみぶちのしょうあん    
  道・街道・大路 みち   
  夢窓国師(疎石)  むそうこくし   
  宮の跡  みやのあと   
  紫式部   z  むらさきしきぶ    
  明恵  みょうえ   
  道 ・街道 ・大路
みち   
  宮の跡 みやのあと  
  文武天皇 もんむてんのう   
  本居宣長  もとおりのりなが    
  物部氏 z  もののべ    
  木簡   もっかん    
  門跡寺院  もんぜきじいん   
 やらわ      
  倭建命  やまとたけるのみこと   
  倭姫命  やまとひめのみこと   
  倭彦命  やまとひこ   
  東漢 
(倭漢直)
やまとのあや  
  八咫烏  やたがらす    
  山部赤人   やまべのあかひと   
  山上憶良   やまのうえのおくら    
  弥生時代 やよいじだい   
  山背大兄王  やましろのおおえのおう  
  雄略天皇 ゆうりゃくてんのう   
  弓削御子  ゆげのみこ   
  謡曲  ようきょく   
  吉野への道(芋峠越え) よしのへのみち   
  陽光太上天皇  ようこうだじょう    
  余豊璋  よほうしゅう   
  羅城 らじょう    
  利休  りきゅう    
  良忍       りょうにん  
  律令制   りつりょうせい    
  蓮如  れんにょ    
  良弁  ろうべん  
  和気清麻呂  わけのきよまろ   
  和珥氏  わに    
  王仁  わに   
  和算  わさん